3Dplaneのノウハウ

事業所: 3Dplane

Face Path Chart

Face Path Chart: ボールを曲げてターゲットを狙う場合のFace to Target に対するFace to Path を表します。 100ヤードから300ヤードまでで、ロフト9度から56度のクラブに対してのFace to Path/Face to Targetをドロー(左図)とフェード(右図)について示しています。 上方の曲線ほどロフトが大きいクラブで打つ場合を表しています。つまり一番上の曲線は、ロフト56度のクラブで打つ場合、100ヤードから160ヤードまでを表します。一番下の曲線は、ロフト9度のクラブで打つ場合の160ヤードから300ヤードまでを表しています。 但し、Face to PathとFace to Targetが線形で近似出来る範囲(Face to Target<10°、距離の約20%)での関係を示しています。Face to Targetが大きくなると非線形になり、このような2次元のグラフでは、表せなくなります。 #FacePathChart #FacetoPath #ClubPath

最終更新日:2021-12-08 07:57:27

この投稿に関するお問い合わせ先

3Dplaneのノウハウ一覧

「ゴルフの幾何学」1.CPシフト ~その2

「ゴルフの幾何学」1.CPシフト ~その2

ここで、注意すべきことは、ダウンブローに打つ場合、インパクト直前にクラブヘッドがターゲットラインの外側になることはなく、インパクト時点のクラブヘッドが最も外側になると言うことです。これは、スイングダイ… 続きを読む
「ゴルフの幾何学」1.CPシフト ~その1

「ゴルフの幾何学」1.CPシフト ~その1

CP(クラブパス)シフトとは、アタックアングル がゼロでない時にスイングダイレクション とインパクト時のクラブパス がずれる現象のことです。そのずれる大きさは、 クラブパスのずれ≒-アタックアングル… 続きを読む
Face Path Chart

Face Path Chart

Face Path Chart: ボールを曲げてターゲットを狙う場合のFace to Target に対するFace to Path を表します。 100ヤードから300ヤードまでで、ロフト9… 続きを読む
「ゴルフの幾何学」4.フェースアングルとロフト

「ゴルフの幾何学」4.フェースアングルとロフト

ドロー・フェードを打つ時は、フェースをクローズまたはオープンにするのですが、そうするとロフトも変化します。では、どのくらい変化するかというと、 ロフトの変化=(90-ライ角)/90×フェースアングル… 続きを読む
「ゴルフの幾何学」8.パットの幾何学 ②頭を動かすな

「ゴルフの幾何学」8.パットの幾何学 ②頭を動かすな

よくパットでは、頭を動かすなと言われます。実際、タイガー・ウッズのパッティングを見ると頭が全く動いていません。しかし、日本の女子プロでは、頭が動くプレーヤーを見かけます。その動き方は、インパクトからフ… 続きを読む

みんなの創業手帳でできること

ホームページ効果

ホームページ効果

自社ホームページ代わりに、事業を無料でアピールできます。かんたんな操作で、事業内容や商品・サービスの詳細、人材募集などが掲載できます。30万人の創業手帳読者に情報が届き、本来であれば創業期のコスト源であるホームページを無料で作成できます。

広報・PR活動

PR活動

広報・PR活動は継続的な情報発信と情報の会社のビジョンやプロダクトへの愛を伝える情報の品質担保が重要です。必要項目を入力するだけで戦略的に情報を伝えられるように項目が設定されており、PRの知識がない方も無料で簡単に広報・PR活動をスタートできます。

企業/経営ツール

企業/経営ツール

起業初期〜拡大期まで、お客さまの企業の成長にあわせてその時々に必要な情報をタイムリーに無料でお届けします。また企業を経営するにあたって必要になるツールを無料でご提供します。また創業手帳による無料のコンサルティングを受けることもできます。