創業ストーリー一覧(57件 1ページ目)

何をするのかより、なぜするのか。

ビジネスを行う上で最も重要なのは、誰と組んでビジネスを行うかです。単にお金儲けだけのことを考え、お金だけで動く人と組んで仕事をすれば、他の儲け話があれば他の方向へ走り去っていきます。
投資家をはじめ本気な人ほど一緒に組んでビジネスを行うときに「なぜこのビジネスをしているのか」を重視してその人の実績よりもまずは人間性を観察します。
創業ストーリーの投稿は自分の本気度を証明する最も手軽な方法で、創業期の重要な広報活動です。

夢千考房(むちこうぼう)への想い

我が家の家業は農家です。 平成12年5月頃の集落のラジコン航空写真です。 この頃は、集落の農業も盛んで休耕田など無い状態でした。 しか… 続きを読む

夢千考房(むちこうぼう)

造園業鋏一本からのスタート 現実の厳しさ

三重県で造園業を営んでいる剪定屋空の飯島と申します。 昔から庭師の仕事に興味があり、仕事をしてみたいと考えた事もありましたが、職人の厳しい世… 続きを読む

剪定屋空

ドメーヌ・デ・テンゲイジの強み

ドメーヌ・デ・テンゲイジは3つの強みを持っています。 1.ブドウの栽培技術 2.ワインの醸造技術 3.ワインの販売技術 近年… 続きを読む

Domaine des Tengeijis

根本義塾創業のきっかけ (負けるな! シニア!!)

昭和36年2月22日生まれです。高校は東京都立大泉高等学校、大学は早稲田大学理工学部資源工学科を卒業しました。大学卒業後はTDK(株)に入り… 続きを読む

根本義塾

私を変えた子ども達の笑顔!平成の寺子屋~子ども達のための かきかた教室~

私は以前本当に感謝の気持ちが足りない人でした。だから一番大切な家族を失ってしまったんだと 今はよく分かっています。いつも人のせいにして、足り… 続きを読む

日本チャレンジ株式会社

マルシェで竹炭を売る ーやがて起業へー

 2015年3月,地元の宮城県加美町で手づくり市(加美マルシェ)が開かれたので,思い切って竹炭を展示し,販売してみました。すると,必ずしも多… 続きを読む

やってみっか奔舎

それでも竹林はまだジャングル

 竹炭の焼き方(の初歩)を覚えた頃の竹林の状況です。  枯れた竹はだいたい燃やしたものの,竹林はジャングル状態のまま。依然として中に立ち入… 続きを読む

やってみっか奔舎

薪ストーブを使ってみる

 こんなふうに竹炭を作って楽しんでいるうち,どうも焚火では安定して良い炭ができないと思うようになりました。あれこれと試行錯誤を続けてたどり着… 続きを読む

やってみっか奔舎

初めて竹炭を焼く

 枯れた竹の多くを燃やし切った頃,何となく気になっていた「竹炭」のことを思い出し,本やネットでその作り方を調べました。多くは穴を掘って云々と… 続きを読む

やってみっか奔舎

ひたすら竹を焼く

 竹のチップ化がどうもうまくいかないとなれば,後はただ不要な竹を燃やすだけです。雨の降らない日は朝から晩まで燃やし続けました。チップ化とは大… 続きを読む

やってみっか奔舎

みんなの創業手帳でできること

ホームページ効果

ホームページ効果

自社ホームページ代わりに、事業を無料でアピールできます。かんたんな操作で、事業内容や商品・サービスの詳細、人材募集などが掲載できます。30万人の創業手帳読者に情報が届き、本来であれば創業期のコスト源であるホームページを無料で作成できます。

広報・PR活動

PR活動

広報・PR活動は継続的な情報発信と情報の会社のビジョンやプロダクトへの愛を伝える情報の品質担保が重要です。必要項目を入力するだけで戦略的に情報を伝えられるように項目が設定されており、PRの知識がない方も無料で簡単に広報・PR活動をスタートできます。

企業/経営ツール

企業/経営ツール

起業初期〜拡大期まで、お客さまの企業の成長にあわせてその時々に必要な情報をタイムリーに無料でお届けします。また企業を経営するにあたって必要になるツールを無料でご提供します。また創業手帳による無料のコンサルティングを受けることもできます。