株式会社タバネルのブログ

(調査リリース)経営者の考えている方向性を理解している会社員は33.6%しかいない

経営者の考えている方向性を理解している 社員は33.6%しかいない! 「社員意識とフィードバックの関係についての調査」結果発表 〜 フィードバックの頻度で社員の意識が変わる〜 株式会社タバネル(本社:大阪府大阪市、代表取締役:奥田和広)は、全国の20~59歳の会社員(有効回答数128人)に「社員意識とフィードバックの関係についての調査」を実施したしました。 調査結果トピックス 1.経営者の考えている方向性を理解している会社員は33.6% 2.経営者の考えている方向性の理解には直属の上司からのフィードバックの『頻度』が大きく影響していました。直属の上司から「フィードバックを月に1回以上受けている社員」は「フィードバックを受けていない社員」の約5倍多く経営者の考えている方向性を理解している。 3.最近、話題となっているリファラル採用※にもフィードバックの『頻度』が大きく影響していました。フィードバックの直属の上司から「フィードバックを月に1回以上受けている社員」は「フィードバックを受けていない社員」の約2.5倍多く勤務先への入社を知人・友人に勧めたい意向が強い。 ※社員の紹介、推薦を受けて選考、採用する人材採用の方法のこと 詳しくはこちらよりお読みください https://tabanel-japan.com/release20180626/

最終更新日:2018-06-26 13:54:16

この投稿に関するお問い合わせ先

株式会社タバネルのブログ一覧

(調査リリース)経営者の考えている方向性を理解している会社員は33.6%しかいない

(調査リリース)経営者の考えている方向性を理解している会社員は33.6%しかいない

経営者の考えている方向性を理解している 社員は33.6%しかいない! 「社員意識とフィードバックの関係についての調査」結果発表 〜 フィードバックの頻度で社員の意識が変わる〜 株式会社タバネル… 続きを読む

みんなの創業手帳でできること

ホームページ効果

ホームページ効果

自社ホームページ代わりに、事業を無料でアピールできます。かんたんな操作で、事業内容や商品・サービスの詳細、人材募集などが掲載できます。30万人の創業手帳読者に情報が届き、本来であれば創業期のコスト源であるホームページを無料で作成できます。

広報・PR活動

PR活動

広報・PR活動は継続的な情報発信と情報の会社のビジョンやプロダクトへの愛を伝える情報の品質担保が重要です。必要項目を入力するだけで戦略的に情報を伝えられるように項目が設定されており、PRの知識がない方も無料で簡単に広報・PR活動をスタートできます。

企業/経営ツール

企業/経営ツール

起業初期〜拡大期まで、お客さまの企業の成長にあわせてその時々に必要な情報をタイムリーに無料でお届けします。また企業を経営するにあたって必要になるツールを無料でご提供します。また創業手帳による無料のコンサルティングを受けることもできます。