3Dplaneのノウハウ一覧(46件 5ページ目)

事業所: 3Dplane
「ゴルフの幾何学」7.シャフトの硬さと身長

「ゴルフの幾何学」7.シャフトの硬さと身長

シャフトの硬さを選ぶときにヘッドスピードを基準にしていますが、果たしてこれは、正しいでしょうか? シャフトの硬さは、ヘッドを装着した時に振動数で計測されます。振動数と言うことは、インパクトのヘッドス… 続きを読む
「ゴルフの幾何学」6.クラブの長さとボールとの距離

「ゴルフの幾何学」6.クラブの長さとボールとの距離

身長と手の長さが同じプレーヤーの身体とボールとの距離は、だいたいクラブの長さで決まります。その関係は、下式になります。 身体とボールとの距離の変化=クラブの長さの変化/cos⁡(ライ角) 例えば… 続きを読む
「ゴルフの幾何学」2.ボールを曲げてピンに寄せる ~その2

「ゴルフの幾何学」2.ボールを曲げてピンに寄せる ~その2

ドローとフェードでは、ドローはフェースをクローズにし、フェードは、フェースをオープンにすることになり、ドローを打つ方が、ロフトが小さくなるので、フェースツゥーパスも小さくなります。また、ヘッドスピード… 続きを読む
「ゴルフの幾何学」5.ライ角とフェースアングル

「ゴルフの幾何学」5.ライ角とフェースアングル

インパクト時のライ角が合っていないとフェースアングルが、ストレートからずれますが、そのズレ幅は、 フェースアングルの変化=ロフト/90×ライ角の差異 になります。つまりライ角60度でロフト60度の… 続きを読む
「ゴルフの幾何学」3.アタックアングルとロフトとバックスピン

「ゴルフの幾何学」3.アタックアングルとロフトとバックスピン

アイアンでダウンブローに打つほど、バックスピンがかかって、グリーンに落ちた時に止まりやすいと言うのは、間違いです。 同じクラブで打つ限り、スイングアークの最下点でのシャフトリーン がない場合、アタッ… 続きを読む
「ゴルフの幾何学」2.ボールを曲げてピンに寄せる ~その1

「ゴルフの幾何学」2.ボールを曲げてピンに寄せる ~その1

ボールを曲げてピンに寄せることは、簡単なことではありません。ボールを曲げることは、それほど難しいことではないのですが、その曲がり具合をコントロールすること、また飛距離やボールが落ちてからのランも考える… 続きを読む

みんなの創業手帳でできること

ホームページ効果

ホームページ効果

自社ホームページ代わりに、事業を無料でアピールできます。かんたんな操作で、事業内容や商品・サービスの詳細、人材募集などが掲載できます。30万人の創業手帳読者に情報が届き、本来であれば創業期のコスト源であるホームページを無料で作成できます。

広報・PR活動

PR活動

広報・PR活動は継続的な情報発信と情報の会社のビジョンやプロダクトへの愛を伝える情報の品質担保が重要です。必要項目を入力するだけで戦略的に情報を伝えられるように項目が設定されており、PRの知識がない方も無料で簡単に広報・PR活動をスタートできます。

企業/経営ツール

企業/経営ツール

起業初期〜拡大期まで、お客さまの企業の成長にあわせてその時々に必要な情報をタイムリーに無料でお届けします。また企業を経営するにあたって必要になるツールを無料でご提供します。また創業手帳による無料のコンサルティングを受けることもできます。