根本義塾の創業ストーリー

事業所: 根本義塾

根本義塾創業のきっかけ (負けるな! シニア!!)

テーマ:起業したきっかけ

昭和36年2月22日生まれです。高校は東京都立大泉高等学校、大学は早稲田大学理工学部資源工学科を卒業しました。大学卒業後はTDK(株)に入り、主に新工場の立ち上げのプロジェクトで、レアアース磁石の表面処理(研磨やめっき等)の生産技術の確立、設備導入、製造への移管の仕事に従事していました。30歳のときに、実家の東京中野区に住む父親が若くして他界し、実家に戻り家族を支えました。東京に戻ってからは、ずっと知財の道を歩みました。弁理士という資格を目指しましが合格率が当時低く3から5%で6年やってもなかなか受からずあきらめました。しかし知財の実務で特許事務所や企業で活躍しました。 一方、教えることが大好きでした。教えるとなぜだかほめられます。親友にスキーやテニスを教えても、なぜだかほめられました。そんなに指導力があるのだろうか?とはじめ疑問でした。50歳付近で、リストラにあって、80社以上、転職活動をしました。しかし、どこも、だめでした。5分の4は年齢を理由に書類審査のみもっとひどいのは書類もうけつけずに落とされました。日本は、年齢とか、性別とか、転職回数が多いとか、そういう表面的なことでしか人間を判断できないさびしい国なんだと真に思い、絶望していました。 そんなとき、ある日、電車な窓から、塾の看板が見えました。よし、人に教えることが好きだったし塾でむかしからよくなついてくれた子供たちに英語や数学を教えてみよう!と塾の門をたたきました。 実は80社以上落とされたので、もう気力も体力もなくなっていました。 しかし、その塾の室長に救われました。その室長は、 「教育には、あなたのような経験豊かなかたが必要なのです。 ぜひ、うちで今までの経験も含めて、子供たちを指導してください。」といわれました。 救われました。正直、本当に涙がでそうになりました。 さっそく体験授業を二回、すなわち二人の入塾希望者に数学を教えました。幸い、その二人はすぐに入ってくれて担任に私がなりました。 二人ともぐんぐん成績を上げてくれました。 その後、室長や専任講師から、保護者さまに根本さんなら安心です。根本さんに本当に感謝しています。等々、ほめてもらいました。 やはり、自分はこの道を歩くのが合っているのかもしれない、いや合っているに違いないと思いはじめ、塾に行く前は、YOUTUBEで他のひとの指導方法を見、旺文社の 蛍雪時代を読み、その他の本で教育方法、指導方法を学び、より生徒さんのモチベーションがあがるにはどうしたらよいのだろう?と常に考えて指導を続けていました。 次第に、よし独立しよう!と考え始めました。親友が背中を押してくれたこともあります。独立してまだまもないです まだまだ生徒さんは少ないですが、徐々によい結果が出始めています。シニアのみなさん、負けずにがんばりましょう!

最終更新日:2018-02-10 17:28:10

この投稿に関するお問い合わせ先

根本義塾の創業ストーリー一覧

根本義塾創業のきっかけ (負けるな! シニア!!)

根本義塾創業のきっかけ (負けるな! シニア!!)

昭和36年2月22日生まれです。高校は東京都立大泉高等学校、大学は早稲田大学理工学部資源工学科を卒業しました。大学卒業後はTDK(株)に入り、主に新工場の立ち上げのプロジェクトで、レアアース磁石の表面… 続きを読む

みんなの創業手帳でできること

ホームページ効果

ホームページ効果

自社ホームページ代わりに、事業を無料でアピールできます。かんたんな操作で、事業内容や商品・サービスの詳細、人材募集などが掲載できます。30万人の創業手帳読者に情報が届き、本来であれば創業期のコスト源であるホームページを無料で作成できます。

広報・PR活動

PR活動

広報・PR活動は継続的な情報発信と情報の会社のビジョンやプロダクトへの愛を伝える情報の品質担保が重要です。必要項目を入力するだけで戦略的に情報を伝えられるように項目が設定されており、PRの知識がない方も無料で簡単に広報・PR活動をスタートできます。

企業/経営ツール

企業/経営ツール

起業初期〜拡大期まで、お客さまの企業の成長にあわせてその時々に必要な情報をタイムリーに無料でお届けします。また企業を経営するにあたって必要になるツールを無料でご提供します。また創業手帳による無料のコンサルティングを受けることもできます。