合同会社パラゴンの創業ストーリー

民法973条支援機関;成年被後見人遺言時医師立会支援センターについて

テーマ:今、一番やりたいこと

【目的】 成年被後見人が、遺言を作成することは可能ですが、その遺言の有効性を証するために、民法973条にて以下の要件が必要とされています。 ①事理を弁識する能力を一時回復したときであること ②医師2名以上の立会があること ③立ち会った医師は、遺言者が遺言作成時に精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状態になかった旨を遺言書に付記して、これに署名押印をすること この3点を、医師2名以上が実施するサービスを提供します。 【背景】  認知症,知的障碍、,精神障碍などの理由で判断能力が不十分だと判断された方々は、不動産や預貯金などの財産を管理したり、身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに、漫画「ギャングース」に描かれているように特殊詐欺にあったり、豊田商事事件のような契約を結んでしまうといった悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するために成年後見制度があります。 この保護された「成年被後見人」が、遺産を相続させるという、遺言を作成する際には、民法973条から、医師2人以上の立会等が必要になるのですが、 知人の弁護士や公証役場の公証人によると、医師2人の手配が困難であり、対応して欲しいとの希望が多く出されてきました。 そこでこの度、広くこのサービスを世に提供することにしました。

最終更新日:2017-01-31 22:53:53

この投稿に関するお問い合わせ先

合同会社パラゴンの創業ストーリー一覧

民法973条支援機関;成年被後見人遺言時医師立会支援センターについて

民法973条支援機関;成年被後見人遺言時医師立会支援センターについて

【目的】 成年被後見人が、遺言を作成することは可能ですが、その遺言の有効性を証するために、民法973条にて以下の要件が必要とされています。 ①事理を弁識する能力を一時回復したときであること ②医… 続きを読む

みんなの創業手帳でできること

ホームページ効果

ホームページ効果

自社ホームページ代わりに、事業を無料でアピールできます。かんたんな操作で、事業内容や商品・サービスの詳細、人材募集などが掲載できます。30万人の創業手帳読者に情報が届き、本来であれば創業期のコスト源であるホームページを無料で作成できます。

マッチング/交流

マッチング/交流

コミュニティーには多分野の専門家がいるため、積極的な情報収集や人脈作りを無料できます。必要な時に必要なタイミングで、起業家同士及び、自社に合った支援をしてくれる団体を見つけることができます。ご希望であればマッチングのためのサポートもいたします。

企業/経営ツール

企業/経営ツール

起業初期〜拡大期まで、お客さまの企業の成長にあわせてその時々に必要な情報をタイムリーに無料でお届けします。また企業を経営するにあたって必要になるツールを無料でご提供します。また創業手帳による無料のコンサルティングを受けることもできます。